やる気スイッチグループスクール運営

社員の声

  • HOME »
  • 社員の声

社員の声

 

●鈴木大地(2012年入社)

鈴木大地現在の仕事内容は?

個別指導学習塾スクールIEの責任者として、生徒のやる気スイッチをONにし、生徒が自ら設定した目標をクリアするためのサポートを行います。教育者として生徒・保護者と接しながら、経営者として教室のスタッフをまとめ、教室を運営しています。

東京ガイダンスを志望した理由は?

私にとって、学生時代の勉強と言うフレーズから思い出すのは、苦い経験しかありませんでした。しかし「自分の人生を少しでも、だれかのために役立てて生きよう!」という理念に共感し、自分の苦い経験が、次世代を担う子供たちの役に立てると知り、塾の教室長という仕事を選びました。

鈴木①入社前と入社後で会社のイメージは変化しましたか?

最初は私にもできるのか不安でしたが、入社前の説明通り、入社直後に基本の研修があり、教室長としての運営知識や技術を身につけられるサポートが整っていたので、積極的に学ぶことができます。先輩社員の教室長との関係も良好で、入社前の想像以上に向上心を持って仕事に取り組めています。

仕事の魅力・やりがいを教えてください。

自分自身の目標達成だけでなく、生徒や講師の目標達成に日々直面することができます。また、お母さん・お父さんが想像できなかった以上の成果を出せたとき、生徒の自信満々の姿が見られることが一番の魅力・やりがいです。

印象に残っている仕事は何ですか?

中学1年生の冬、入塾時に定期試験の合計点が300点未満の生徒が、1年後3回連続で450点を取り続けるようになりました。また、普段の学習時間がほぼ0だった生徒も、毎日の家庭学習の時間が2時間以上となり、生徒のやる気スイッチが入ったエピソードとして印象に残っています。

鈴木②入社後、どのような点で成長したと思いますか?

以前の仕事では「気合でなんとかする!」と気持ちの面では非常に前向きでしたが、なかなか成果に繋がりませんでした。教育現場ということで「よく考えながら行動する!」と仕事の仕方が変化しました。人から話を聞く仕事ということで、自分ではなく相手を見ながら仕事ができるようになりました。

将来の夢、目標を教えてください。

地域一番の塾を作ることです。地元で生まれて、地元で育って、地元に育てられる。そのような人と人のつながりを促すパイオニアとして、やる気スイッチのスクールIEの一員として、生徒の夢の実現を支え続けて生きたいと思います。

●佐藤元気(2014年入社)

佐藤元気現在の仕事内容は?

出社してから授業までの間は、教室の美化から始まり、成績管理や経理関係の事務作業が中心になります。その他生徒、講師や生徒への連絡事項などもまとめています。授業が始まると、生徒のために時間を割きたいので、できるだけ効率よく仕事ができるよう、心かけています。

東京ガイダンスを志望した理由は?

誰かのために人生の手助けをしたいという思いがあった私は教育業の仕事をしたいと考えていました。そんなとき「自分の人生を少しでも、だれかのために役立てて生きよう!」という東京ガイダンスの企業理念にひかれ志望しました。今では同じ考え方を持っている方々と切磋琢磨しながら自分自身精進しています。

入社前と入社後で会社のイメージは変化しましたか?

教育業の仕事とは人の人生に大きくかかわる事が出来ると言うイメージでした。それは入社後も変わらず同じことを感じています。だからこそ仕事をするにあたって人の人生を左右すると言う「責任」を常に感じながら仕事をしています。

仕事の魅力・やりがいを教えて下さい。

一人一人の生徒と密にかかわる事が出来るが魅力であり、その子の為に何が出来るかを考え、それを実行して成果が出た時にやりがいを感じます。また成績が上がったと報告してくれた時は本当にこの仕事をしていて良かったと感じます。

佐藤①印象に残っている仕事は何ですか?

保護者面談で保護者の方に感謝をされたときです。成績が上がった時や、日ごろの面倒見のよさに対して感謝の言葉をもらった時の保護者面談は印象に残っています。これからも保護者の方の満足度を高めていけるような仕事をしていくよう心がけていきます。

入社後、どのような点で成長したと思いますか?

どの生徒にも同じ対応をするわけではなく、保護者や生徒とのコミュニケーションをしっかり取りその生徒の個性やライフスタイルの合わせた授業を提案する事が出来るようになりました。

将来の夢、目標を教えて下さい。

目標は、教室長となり自分の教室を持つ事です。そして関わっていく生徒全員の成績を上げ、それを将来の夢へと繋げていく事、その為の土台を作っていくことです。そうすることで誰かのために何かをする事が出来たと実感できると思っています。

●渡邉ひかる(2015年入社)

渡邉ひかる現在の仕事内容は?

英会話の日本人講師として、幼児から高校生の生徒さんに英会話のレッスンを行っております。レッスン内容は年齢によってさまざまですが、小中学生には英会話のみでなく英検や、中学英語の対策授業なども行っています。また、マネージャーの補佐として教室運営もしています。

東京ガイダンス(株)を志望した理由は?

留学先のアメリカから帰国したての頃、英語を活かせる仕事に就きたいと思っていました。また留学先では子供の多い家庭にホームステイしていたので、小さな子供たちと触れる機会が多く、彼らの将来のために自分ができることは何かと考えるようになりました。英会話講師という仕事ならば大好きな子供たちに囲まれて、自分の得意な英語も活かせると思い、志望しました。

入社前と入社後で会社のイメージは変化しましたか?

会社の雰囲気は予想通りでした。入社後は、先生としてものを教えることの責任をより強く感じるようになりました。また、生徒さんのみならずその保護者の方とコミュニケーションを取ることは一番重要な仕事のひとつであることと学び、入社前とは意識が変化しました。

渡邉①仕事の魅力・やりがいを教えて下さい。

私が毎週出す宿題のプリントを、教室に入った瞬間に「先生、はい!」と言って渡してくれる生徒さんや、学校のテストで高得点を取って自分のレッスンがない日にも関わらず私たちに報告に来てくれる生徒さんがいることです。子供たちは素直なので率直な感想が聞けますので、それがモチベーションにつながります。また、保育園に出向いて行う出張レッスンでは、習い始めは恥ずかしがって、あまりレッスンに参加してくれなかった子たちが、最近では楽しそうにゲームをしたり一緒に歌をうたってくれるようになり、英語の発音がとてもキレイになってきて、大変やりがいを感じています。

印象に残っている仕事は何ですか?

私が入社したての頃、夏に行われたスピーチコンテストです。出場すると決めた生徒さんたちは、苦戦しながらも何分もある英語のスピーチを一生懸命練習し、地区大会を通過して本大会に出場することができました。大勢の人がいる前に立って、英語で堂々とスピーチをしていた子供たちを見てとても感動し、勇気づけられました。

渡邉②入社後、どのような点で成長したと思いますか?

普段生活していても、常に誰に見られても恥じない行動を心掛けるようになりました。また、英語や勉強を教えることだけではなく、日常的なマナーや礼儀を教えてあげることも私たち先生の役目であると学び、人として子供たちのお手本になれるように意識するようになりました。

将来の夢、目標を教えて下さい。

この仕事をしていると、毎日なにか新しい発見があるので自分が先生として教えていても、子供たちから教わることがたくさんあります。他の職場では学ぶことの出来ないことを吸収し、自分の将来に活かせるように日々成長していきたいです。

 

PAGETOP
Copyright © 東京ガイダンス All Rights Reserved.